代行費用が4980円。会社設立は東京都中央区日本橋のBPS行政書士事務所にお任せ下さい。お問い合わせフォーム24時間無料相談受付     
ホームへ
サービス
会社設立代行
会社設立代行費用が3980円会社設立Q&A
助成金サポート
お問い合わせリンク
税務相談、節税ならBPS税理士事務所会社設立の疑問を解消 会社設立.com中小企業経営者のビジネス用語集 
ITを活用した経営支援を行っています。経営情報支援サービス
企業経営者・経営幹部の皆様のための経営情報 医業経営者の皆様のための経営情報
事務所紹介
アクセス
ブログ
社員ブログ


BPS税理士・行政書士事務所は

東京都の若者ジョブサポーターです

営業地域
【東京都】
中央区、千代田区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、葛飾区、江戸川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、23区外 全域【神奈川県】全域【千葉県】全域【埼玉県】全域

定款認証
定款に記載する事項には、「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」の3つの区分があります。以下株式会社の場合について説明致します。
絶対的記載事項

「絶対的記載事項」は、会社の根幹となる最重要事項のことで、絶対に定款に記載しなければなりません。この事項が抜けていると、定款が無効になってしまうので、注意が必要です。
絶対的記載事項の内容は以下の通りです。


・商号(社名)
・会社の事業目的(事業内容)
本店(本社)の所在地
発行予定の株式総数と株式の種類
決算公告の方法
設立に際して発行する株式数
発起人の氏名および住所、引受株数

相対的記載事項

相対的記載事項」は、定款に必ず記載しなければならないものではありませんが、記載すれば法的効力が出る事項です。
相対的記載事項の内容は以下の通りです。
株式の譲渡制限
株券不所持の申し出の排除など
株主総会の議長
取締役の任期延長
取締役の選任についての累積投票の排除
取締役・監査役の員数 等

「任意的記載事項」は、記載しても法的な効力は発生しません。記載してもしなくてもよい事項ですが、会社の経営上明確にしておいた方がいい内容があれば、ここに記載します。刑法の強行規定や公序良俗に反しなければ何でも自由に記載できますが、あまり細かく記載すると、かえって経営がしにくくなる場合もありますので注意が必要です。

・営業年度
・定時株主総会の開催の時期

・総会の議長
・株式の名義書換の手続き
・役員報酬の決め方

・配当金の支払い等

≫定款サンプル
●定款のセット方法

        
@作成した定款をホッチキスでとめる
Aページとページをまたぐように、全ページに発起人の実印で契印する。
●定款認証時に持参するもの

定款
印鑑証明書〜発起人の印鑑証明1通
定款認証料等〜52,000円
収入印紙〜40,000円(電子認証の場合は不要)


当事務所では、無料相談を実施しております。
会社設立でお悩みの方は、お気軽にご利用下さい。










〒103-0012東京都中央区日本橋堀留町1−5−7YOUビル9F-B / Tel:03-5614-0522  / Fax:03-5614-0523  
Copyright 2009 BPS行政書士事務所. All rights reserved